ホールに問い合わせるのが面倒くさい、

また新しくホールを探すのが大変、

フライヤーの修正に時間がかかる。

そんな演奏会の再開催をサポートします。 

現在、コロナウィルスの猛威により様々な演奏会が延期・中止を余儀なくされています。

ホールを選定し、申し込みやメール対応といった打ち合わせをして、ようやく開催の準備が整ったと思った矢先の延期や中止。

 

もう一度ホールと打ち合わせをし直し、開催の準備を最初からし直すのは先が思いやられますよね。

​コンサート延期業務代行プランで開放されること

日程の再調整

​いざ再開催、日付はいつでも良い訳じゃありませんよね。主催者様よりご希望の日付を複数ヒアリングし、それを基にホールとすり合わせを行います。

ホールとの対応

オフラインでの再打ち合わせ、再申し込みや細かいメール対応など。忙しい中、意外と時間を取られてしまう対応業務は我々におまかせください。

フライヤー・チケットの修正

一度デザイナーに制作してもらったフライヤーや、自分で制作したものの編集可能なデータを消してしまった場合など、どんな場合も画像データさえあれば情報の修正をさせて頂きます。

*デザイナー様の制作物の場合、著作契約をご確認ください。

*再印刷をされる場合、費用はお客様負担となります。

​*デザインのご修正や、いちからの作成は別途ご相談ください。

twitter_PNG9.png

SNSでの宣伝活動

我々 concert design URAKATAは通常、音楽会のマネジメント業務をしているため、SNSでの宣伝活動やご希望の場合は「ぶらあぼ」への掲載など集客面でのサポートもさせて頂きます。

様々なホールの再提案

コロナウィルス収束後は延期されていた多くの演奏会の開催により通常時に比べスケジュールが埋まっている可能性があるため、予定されていたホールがそのまま使えるとは限りません。そこで、主催者さまの条件や理想に合ったホールを再提案させて頂き、申し込み完了までを我々で代行いたします。

ご料金

演奏会の規模に関わらず一律

オプション

チケット総売上代金の20%のお支払いで、当日受付やステージマネジメントを含むスタッフ派遣やチケット管理サービスが加わった

にアップグレードすることができます。コンサート業務代行プランについて詳しくはこちらから。

               は、コロナウィルス収束後に活動を再開されるすべての音楽家の皆様を応援しています。